フリーのイラストレーター兼マンガ家の西尾ナノラの日記
 Copyright © NNTV. All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/09
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

西尾ナノラ(NNTV)

Author:西尾ナノラ(NNTV)

↑クリックすると拍手出来ます。
お礼ページからコメントなども残せるので
よろしければどうぞ><





■連絡先■
TwitterID:nanora02
SkypeID   :nanora527
PixivID     :西尾ナノラ
CGhubID  :nanora

フリーでイラストレーターをしつつ
ジャンプスクエアにて新人漫画家をしています。

仕事の依頼はこちらから→ :nntv.nanora@gmail.com

■ウェブ漫画■
なでしこ
春川市子の戦争
(ともにスローペース&不定期更新)
漫画を読む

■好きな漫画■
AKIRA
桜蘭高校ホスト部
落語心中
ブラックジャックによろしく
ストレンジプラス
25時のバカンス
虫と歌
三月のライオン
ニコイチ
彼岸島
ZONE-00
坂道のアポロン
海月姫
隠の王
聖★おにいさん
ソラニン
・・・etc

■好きな小説■
ジェノサイド/高野和明
赤毛のアン/L.M.モンゴメリ
あしながおじさん/J.ウェブスター
火星の人/アンディ.ウィアー
ゲド戦記/アーシェラ.K.ル=グウィン
秋月記/蜩ノ記/葉室麟
神去なぁなぁ日常/仏果を得ず/
船を編む/三浦しをん
裏庭/家守綺譚/西の魔女が死んだ/
りかさん/エンジェルエンジェルエンジェル/梨木香歩
夜は短し歩けよ乙女/太陽の塔/
ペンギンハイウェイ/きつねのはなし/
有頂天家族/四畳半神話体系/森見登美彦
サクリファイス/近藤史恵
新世界より/貴志祐介
アラビアの夜の種族/古川日出夫
みをつくし料理帖/高田郁
2001年宇宙の旅~3001年終局への旅
/アーサーCクラーク
星を継ぐ者三部作/J・Pホーガン作品全般
/ジェイムスPホーガン
シャーロックホームズ/コナンドイル
漱石と倫敦ミイラ殺人事件
SF、恋愛、ミステリ、青春
ノンジャンルでいろいろ読みます
・・・etc

■好きな洋画/洋ドラマ■
ファイトクラブ
ダークナイト
ナルコス
ブレイキングバッド
バットマンビギンズ
アイアムサム
クロニクル
レオン
戦場でワルツを
2001年宇宙の旅
フルハウス
ウォーキング・デッド
クレイジーズ
28週後
REC.
サイレントヒル
コララインとボタンの魔女
アンドリューNDR114
アルマゲドン
トゥルーマンショー
ディープブルー
遊星からの物体X
遊星からの物体Xビギニング
猿の惑星
ドーンオブザデッド
ショーンオブザデッド
宇宙人ポール
シャーロックホームズ
エイリアン
プレデター
永遠の子どもたち
キューブ
ザ・ロード
落下の王国
・・・etc


■好きな邦画/ドラマ■
ピンポン
パトレイバー(実写)
リーガルハイ
座頭市(北野武ver)
転々
半沢直樹
鉄男
結婚できない男
天国はまだ遠く
菊次郎の夏
曲がれ!スプーン
サマータイムマシンブルース
GOEMON
CASSHERN
TRICK(ドラマも)
K-20
SIREN
ハカイダー
邦画ホラー全般
・・・etc

■好きなアニメ/アニメ映画/特撮■
機動戦士ガンダムサンダーボルト
機動戦士ガンダムOrigin
フルーツバスケット
TRIGUN
機動警察パトレイバー1/2(劇場版)
うる星やつら:ビューティフルドリーマー
夏目友人帳
蟲師
11人いる!
ユニコーンガンダム
トライガン(劇場版)
シドニアの騎士
デビルマン誕生編OVA
デビルマンシレーヌ編OVA
アモン黙示録
カイバ
坂道のアポロン
スペースコブラ
イヴの時間
風立ちぬ
鉄コン筋クリート
REDLINE
TRAVA
メトロポリス
AKIRA
劇場版クレヨンしんちゃん
(オトナ帝国の逆襲、戦国大合戦)
千と千尋の神隠し
ハウルの動く城
もののけ姫
猫の恩返し
平成ぽんぽこ
東京ゴッドファーザーズ
FREEDOM
ハチミツとクローバー
のだめカンタービレ
STUDIO4℃作品
電脳コイル
アカギ/カイジ
ウルトラマンシリーズ
(帰って来た/エース/レオ)
サムライチャンプルー
仮面ライダーBLACK-RX
真・仮面ライダー序章

■好きな作家さん■
羽海野 チカ先生
大友 克洋先生
内藤 泰弘先生
助野 嘉昭先生
雲田 はるこ先生
浅野 いにお先生
市川 春子先生
星野 リリィ先生
西尾 鉄也先生
箸井 地図先生
九条 キヨ先生
寺田 克也先生
古沢 良太先生
宮藤 官九郎先生

■好きなゲーム■
INSIDE
ROOMMANIA#203
ウィッチャー3
高機動幻想ガンパレード・マーチ
ブラッドボーン
THE LAST OF US
レインボーシックスシージ
Batman: Arkhamシリーズ
GODOFWARシリーズ
UNCHARTEDシリーズ
KILLZONEシリーズ
デモンズソウル
ダークソウル
WARHAWK
風ノ旅ビト
ワンダと巨像
魔女と百騎兵
SIREN2
テイルズオブエターニア
テイルズオブシンフォニア
テイルズオブジアビス
ロックマンエグゼ
ロックマンダッシュ
ボンバーマン
逆転裁判1、2、3
すばらしきこのせかい
どこでもいっしょ
スマブラ
星のカービィ(DX、エアライド)

ゲームはジャンル関係無しに大好きです

■好きな食べ物■
ミカン

■使用ツール、ソフト■
Photoshop CS6
After Effects CS6
InDesign CS6
Illustrator CS6
ComicStudio
IllustStudio
PainterⅩ
sculptris

漫画はアナログ
(最近はデジタル)

■受賞/掲載/仕事歴■

▼『ヤカンのデッサン』・・・45P 
ジャンプSQ.Supreme Comic大賞 準入選
(SQ本誌掲載、センターカラー)

▼『平成異聞録狸囃子』・・・49P
(ジャンプSQ.LaB、読切)

▼『僕の夏休み』・・・55P
(ジャンプSQ19、読切)

▼『御手洗京子と失われた古代遺産』・・・59p
(ジャンプSQ19、読切)

▼『ESP-そう遠くないあの日-』・・・51p
(ジャンプSQ19、読み切り)

★・・・NEXT SFモノ?(製作中)

▼『妄想女刑事』シリーズ表紙イラスト
(カドカワ様より発売、ミステリー小説)

▼『迷走女刑事』表紙イラスト
(カドカワ様より発売、ミステリー小説)

▼『花魁さんと書道ガール』表紙イラスト、各話モノクロ扉絵
(東京創元社様より発売、恋愛コメディ小説)

▼『花魁さんと書道ガール2』表紙イラスト、各話モノクロ扉絵
(東京創元社様より発売、恋愛コメディ小説)

▼『広島の探偵』表紙イラスト
(リンダパブリッシャーズ様より発売、ミステリー小説)

■□■□リンク□■□■
ジャンプスクエア公式サイト
astron.
カトウキカク
Hima×Zine
pixiv

★リンクについて☆

リンクフリーです。
ジャンルはイラスト・GIFアニメ・コミック等など
何でも良いと思われます。
連絡は無しでも有りでもどちらでも。

■サイト名■
NNTV.

■バナー■
ご自由にドゾ(トップページのhttp://danngann.blog18.fc2.com/に貼ってください)
バナー




最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to NNTV. !!
いろいろやってる漫画家の卵です。
最近読んだ本の一部のレビューとか感想とか 
2011/11/29 /20:09
ネタバレ有り
ボトルネック
ノルウェイの森
ゴールデンスランバー/モダンタイムス/オーデュボンの祈り
新世界より
猫を抱いて像と泳ぐ
夜は短し歩けよ乙女/四畳半神話体系/きつねのはなし/太陽の塔/有頂天家族
向日葵の咲かない夏
ボトルネック
ミステリーモノだったけど自分には合わなかった。
救いの無い終わり方だったのがきつかった。こういう気持ちが沈む話は苦手かも。

ノルウェイの森
村上春樹の作品は
ハードボイルドワンダーランド
東京奇譚集
ねじ巻鳥クロニクル・・・と有名な作品しかよんでません。
この人の文章はなんというかナルシスト臭が漂うのが鼻について苦手ですが読んでしまう魅力があります。
なぜかはわからないけど自分の中では伊坂幸太郎が対の位置にいる作家だと何の理由も無いんですが勝手に認識してます(なんとなく文章が似てるからでしょうか?ただ伊坂幸太郎の作品のほうがよみ易くて自分は好きです

さてノルウェイの森ですが主人公が節操の無い男の人だなーという感想しかわきませんでした。
自分がせい描写のある作品が苦手な事も関係あるんだと思うんですがやたらセックスとマスターベーションについて語られていて顔をしかめながら読んでました。

共感できる部分がほぼ無かったのですがきっと自分が人生経験の浅い子供だからですね。
オトナになってから読んでみるとまた違う感想を持つんだろうなと思います。
最近漫画で【ストーリー/戸田誠二】という短編集を(受賞した後担当さんが送ってくれた漫画)読み直したのですが読んだばかりのときは正直いって「ふーん」という感想しか浮かばなかったこの短編集、18になった今読み返すと普通に面白くてなんとなく自分が成長した気分になりました。
自分が社会にでるようになってから読み返すとまた感想が変わってそうです。

だいぶ話が脱線しましたが自分的にはノルウェイの森よりハードボイルドワンダーランド、ハードボイルドワンダーランドより東京奇譚集のほうが好きです。
この人の作品って井戸がよく出てきますね。
ノルウェイの森に出てきた井戸はねじまき鳥の井戸だとおもうんですが(間違ってたらごめんなさい
こういう演出はいいですね 発見したときなんか得した気分になれて好きです。

ゴールデンスランバー/モダンタイムス/オーデュボンの祈り
伊坂幸太郎の作品ですね。
読んだ順番はオーデュボン→ゴールデンスランバー→モダンタイムスです。
伊坂幸太郎の作品は読みやすくて好きです。フィッシュストーリーとかの短編もおもしろいですよ。
オーデュボンもゴールデンスランバーも楽しめました。
オーデュボンの祈りは謎解きあり解決有りですがゴールデンスランバーはどちらかというとそういった類は少ないです(伏線回収はきちんとあります
帯のうたい文句を信用してスケールの大きいミステリーを期待して読むと肩透かしを食らうとおもいます。
ただラストの「痴漢は死ね」はいいですね。映画もこのまえ放送してましたし小説を読む時間はちょっと・・・って人は映画で見てみてはいかがでしょうか。

モダンタイムスはゴールデンスランバーと対を成す小説みたいな感じですかね。
全体的に雰囲気と設定が似ています。
ただ違うのはゴールデンスランバーが巨大な組織と戦わず逃走を軸にした話で
モダンタイムスは逆にそれらに向かっていくという部分です(モダンタイムスはちなみに魔王の続編にあたります
これも楽しく読めました。
(作中の登場人物に井坂という小説家がいるんですが彼が主人公(井坂とは友達)に遺書をみてくれと頼み、
病室で息を引き取るのですがその遺書に書かれていた「馬鹿が見るー」という文字で思わず笑ってしまいました)

新世界より
貴志祐介による長編SFファンタジー。
いやー正直言って読むのを拒んでた作品です(文章が上段と下段でそれぞれ分かれているのと聖書並みの分厚さに読む気を全部持っていかれる為)
SFというので近未来てきな何かを期待していたんですが序盤からものっそいレトロな世界観で(なぜか精霊の守り人とか十二国記、銀色の神のアギトの世界観を思い出してしまった)
それも読む気がうせる要因のひとつだったのですが移動図書館(アメフラシのような情報端末)が出てきたあたりから物語が急速に面白くなっていってそこからはラストまでイッキ読みでした。かなり好きな小説です。
ただこの新世界より、性描写が多いんですよね(笑
自分性描写のある小説は場面を鮮明に生々しくイメージしてしまうのであまり好きではないんですがこの小説はそれを踏まえても面白かったです。

あとこの人もともとホラーとか書いてた作家さんなんですね。自分は新世界よりから入ったのでこの方の別作品
【天使の囀り】を読んでびっくりしてしまいました(笑

猫を抱いて像と泳ぐ
博士の愛した数式と同じ作者の著書。
チェスでリトルアリョーヒンと呼ばれたある少年の物語。
実は自分この小説を最後まで読めてません。

小説の途中で少年の棋譜を書き写す少女が人間チェスのコマにされるシーンがあるのですが
そこで自分の一番嫌いな展開があったからです。かなり心にずしりとくるシーンだったのでそれ以降読めてません。

ある日主人公リトルアリョーヒンは地下の秘密クラブ海底チェスクラブである日人間チェスをやってくれないかとオーナーに頼まれます。
まずこの人間チェス、かなりおかしいんですよね。
キング、ナイトとあるのにコマはすべてはだしでガウンだけを身にまとった若い女の人たちです。
もちろんアリョーヒンも違和感は感じますがその違和感を言葉にすることが出来ず普通にチェスを進めていきます。

対戦相手が最初からコマをやらされていたミイラを狙っていたかのようなコマ運びをしていたのでそのことになにか違和感を感じていたアリョーヒンですが彼は勝利のために(つまりチェックメイト)ミイラを相手に取らせるかどうか迷い、ミイラを犠牲に彼は勝利します。

ミイラはその後対戦相手の男の待つ個室へとつれられていきます。
しかもこの時のミイラはかなり嫌がっているのです(普段のミイラはほとんどしゃべらず感情を表に出しません

つまりいってしまうと対戦相手の狙いはアリョーヒンとのチェス勝負でも人間チェスという珍しいゲームでもない
投了後のベッドにあったわけです。
アリョーヒンの感じていた違和感はこれでした。

これ、主人公とミイラは不思議で清潔な信頼関係で結ばれていた上に
ミイラはとても純潔で清潔な少女だという描写があったため登場人物に感情移入してしまう自分はこのシーンで
ものすごい不快感が襲ってきました。
清潔なものが汚されるっていうパターンが自分はかなり嫌いなようです。
そしてそれ以上読む気になれませんでした(本気でへこみました

しかもこの後のミイラの「気にしなくていいのよ」というセリフがかなり切ない。
そのうちまた読むつもりですがこの小説はかなり自分にダメージを与えた小説です。
きっついわー

夜は短し歩けよ乙女/四畳半神話体系/きつねのはなし/太陽の塔/有頂天家族
森見登美彦の作品です。
太陽の塔は四畳半神話体系と同じような主人公がでてくる物語です。語り口もほぼ同じです。
自分は四畳半よりこちらのほうがだいぶ好きです。四畳半は何度も同じストーリーを読まされてる感が受け付けませんでした。
夜は短しの主人公も四畳半の主人公と大体同じですね。大体同じっていうか同じですね。
なんというか森見登美彦さんの作品の主人公は大体全部イメージ像が四畳半神話体系の「私」になってしまいます(自分だけでしょうか

読んだ後不思議なさわやかさが残る作品です。こういう雰囲気は自分大好きです。

でもきつねのはなしは一風変わった作品です。
四畳半、夜は短し、太陽の塔、有頂天家族とは違いあのなんともいえない語り口がずいぶん抑えられた文章になっています。こちらも自分は好きです。森見登見彦さんの作品は読みやすいのがいいですね。

個人的に有頂天家族→夜は短し→太陽の塔→きつねのはなし→四畳半神話体系の順で好きですね。

向日葵の咲かない夏
ミステリー作品。
いわゆる叙述トリックが使われた作品です。
語り部が精神病を患った少年なんですね。はい 普通にだまされました。

最初の妹は4歳で死んでしまったというあのミスリード文章。
自分は小説はストーリーと登場人物にかなり感情移入して場面場面を精細にイメージしながら読んでしまうため身近な誰かが死んでしまうとか清潔や純潔が汚されるとかそういった描写が本当に苦手です。
しょっぱなからこの文章があって妹はいつ殺されてしまうのか、どうやって死んでしまうのかとかなり
どきどき(ホラー映画をみてるときのアレに近いですね)しながらよんでいたのですが・・・・


なるほどそういうことだったんですね。いやーまさか妹も生まれ変わりだったとは。
ラテックスの作り物のようにすべすべしたおなか と描かれていて「?」と思ってはいたのですが
中途に入る妹に手を出してしまう主人公の少年の描写が入ってああ、なるほどそれで感触とかがわかるのねと
顔をしかめつつ読んでいましたがまんまとだまされました。
まさかトカゲだったとは
そりゃすべすべしてるよ

最後まで読んでもう一度最初の数ページを読み直すと「ああなるほど」ってなりますね。
そしてボトルネックと同じく救われない終わり方。
救われない終わり方なんですが始まりでオトナになった主人公が「また壊れてしまう」といっているので
精神病のようなものは回復したのでしょうか?そこだけが気がかりですね。


いろいろ * Trackback(0) * コメント(-) * Page top↑